電気を創る、売るという新発想

 

 

どんなご家庭でも必ず使用する電気。もう少し節約できたらとどなたも悩んでいるのでは?

「太陽光発電」でそんな悩みがグッと減ります。

 

太陽の光エネルギーを電気に変える太陽光発電。これからは家で使って余った分を電力会社に売ることができます。
昼間太陽がサンサンと照っていたら、テレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を自宅で作った電気で動かすことができます。
使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ電気代は基本的には無料な上、余った電力は、電力会社に売ることができます。
電気の売り買いは自動的にシステムが行いますので、特別な操作は必要ありません。

 

太陽光発電の売電システム

太陽光発電システム
①電気を創る:太陽電池モジュール
太陽光パネルで太陽の光を受けて電気(直流)を創ります。
②交流に変換:パワーコンディショナ
太陽光パネルで創った直流の電気を、家で使える交流に換えます。
③電力を分配:太陽光発電対応住宅分電盤
発電した電気を各部屋のコンセントに送ります。
④電気を使う:電気製品や設備
昼間は太陽光で創った電気で、家中の家電製品を使います。
⑤電気をチェック:エネルギーモニタ
創った電気の量、売った電気の量や金額、わが家のエコ度などが、グラフやイラストでわかります。
⑥電気を売る・買う
創った電気が余ったら、電力会社に送電して電気を買い取ってもらいます。
夜や雨の日など、太陽光の電気では足りないときは、従来どおり電力会社の電気を買います。

電気代は?

電気使用量イメージ
1日の電気使用量と太陽光発電量のイメージ

昼間の電気は太陽光発電によりほとんど賄えるので、夜間の電気代がお得な東京電力の「電化上手(季節別時間帯別電灯)」を利用すれば、より一層電気代が抑えられます。
オール電化にすれば「全電化住宅割引」が適用され、更に5%電気代が割引になります。
※発電量は設置場所の条件により異なりますので、お気軽にご相談ください。
※夜間、雨など太陽光発電ができないときは従来通り電力会社から電気を買います。

 

昼間の電気を太陽光発電で賄うには?

太陽光ソーラーパネルの機能アップ、軽量化が進んだ今がおすすめ
さまざまな屋根形状に対応でき、発電効率230W(Panasonic HIT230シリーズ公称最大出力)と高性能になっています。
少ないスペースでも設置できるうえに、屋根にかかる負担を和らげます。

panasonic HIT230シリーズで一般的な約3.7kWのシステムを導入する場合、多結晶154シリーズと比較して約130kg軽くなりました。
※panasonic HIT230シリーズをアンカー金具工法で設置した場合の試算結果です。
国や地方自治体の補助金も充実している今、太陽光発電を考えてみませんか?

 

画像提供:パナソニック

葛飾区エコ助成金が使えます!

 

再生可能エネルギーの利用促進や、省エネ・節電対策として、太陽光発電システムや断熱改修などを集合住宅の共用部分に導入する際、費用の一部を補助します。

 

申込期間

平成29年4月3日(月)から平成30年3月14日(水)まで【必着】

助成対象機器等

集合住宅の共用部分に、以下の対象機器等を導入する分譲マンションの管理組合や賃貸集合住宅等のオーナーが対象になります。

 同一種類の助成については、一つの建物に対して1回限りとなります(年度が替わっても一度助成を受けた種類の助成に対しては対象となりません)。

(補助対象機器の要件等詳細は、本ページの添付ファイル「かつしかエコ助成金のご案内」をご覧ください。)

  1. 太陽光発電システム
  2. 太陽熱温水器
  3. 太陽熱ソーラーシステム
  4. 高効率蛍光灯・LED照明機器(※新規設置は対象外) 
  5. 遮熱塗装等断熱改修(※新築は対象外)
  6. 蓄電池

詳細は葛飾区HPでご確認ください。


戻る